●主な内容(B5版28ページ)
【資料】P1〜3
・本土主要米軍基地図 ・超低空飛行訓練ルート図 ・沖縄米軍基地図 ・日本の米軍基地基本データ
【総論】P4〜7
・日本の米軍基地の実態 ・以上際立つ沖縄基地
【基地別告発】P10〜25
・嘉手納基地(沖縄) ・普天間基地(沖縄) ・三沢基地(青森) ・横田基地(東京) ・横須賀基地(神奈川) ・厚木基地(神奈川) ・岩国基地(山口)
・佐世保基地(長崎)

●発行
安保破棄中央実行委員会
2000年日本平和大会実行委員会

この報告書は、第二次世界大戦集結から半世紀以上がたった今も、日本におかれている130の米軍基地が、いかに重大な被害を国民におよぼし、主権をじゅうりんしているかを告発するものです。多くの日本国民が、米軍基地による事故、騒音、犯罪、環境破壊などの被害に苦しめられています。しかも、米軍の活動は、国内法の規制を受けず、植民地にたいする宗主国のような特権的庇護のもとにあります。私たちは長年にわたって、この問題の解決のためにたたかってきました。新しい世紀を目前にしたいまこそ、世界の平和の流れに逆行するこの事態は、一刻も早く正されるべきです。私たちは、世界の人びとに、米軍基地被害の根絶、基地縮小・撤去を求める日本の運動への支持と連帯を心から訴えます。(まえがきより)


戻る