ビデオ・DVD 「あたらしい憲法のはなし」

企画・日本平和委員会 制作・日本電波ニュース社
VHS/DVD 82分本編・32分 ミニ講座50分)
価格 VHS/DVDとも 5,000円(送料別)

 戦後60年が経過し時代は大きく変化しました。
 60年前に廃墟の中で未来を拓くために固めた不戦の決意。その決意は、もう時代に合わなくなってしまったのでしょうか。
このビデオは、新しい時代に生きる私たちがどんな決意を持ってどんな憲法を選び取るべきかを問い直します。

<内容紹介>
●イラク戦争の実態と自衛隊の役割
 イラク戦争による死者は10万人を越すとも言われ ています。 ファルージャなどの映像でその実態を紹介しながら、自衛隊 の活動の本質に迫る。
●改憲のネライとアメリカと財界の要請
  ブッシュドクトリンやアーミテイジ報告などから、アメリカ の戦略と日本への要請を、日本の財界が望む改憲のネライを 解く。
●進む米軍再編と自衛隊との一体化
 自衛隊の海外派兵、有事法制を始めとして、メ国民が戦争に参加できる国づくりモについても検証
●憲法の可能性
 60年間憲法9条が果たしてきた価値の再確認、平和構築や国 際貢献における日本のあり方を提唱。

【ミニ講座】
●憲法制定のいきさつノノ古関彰一(憲法学者、独協大学教授)
●国民による憲法を守るたたかいノノ内藤功(弁護士、日本平和委員会代表理事)
●沖縄から見た憲法9条ノノ中村文子(沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会事務局長)
●日本の安全保障と改憲の意図ノノ前田哲男( 軍事評論家、東京国際大学教授)
●イラクと日本国憲法ノ高遠奈穂子(ボラティア)
●国際貢献と憲法9条ノノ熊岡路矢(日本国際ボ ランティアセンター代表理事)
●戦争の傷跡を取材してノノ海南友子(ドキュメンタリー映画「にがい涙の大地から」監督)
●国民の生存権と憲法ノノ園田久子(医療人9条の会、はたがや協立診療所)
●憲法を守るたたかいの展望ノノ小森陽一(東京大学教授、「九条の会」事務局長


戻る